不眠症対策で理想の睡眠へ

体内のしくみ

睡眠を行うために人間は生まれもってもっている体内の仕組みである体内時計をもっています。そのおかげで人間や多くの動物は眠くなるようになっています。
日がのぼり、日が沈むまでが活動する時間になり。日が沈み、再び日が昇るまで休む時間として、多くの動物が生活を行っています。

このように地球の1日のリズムを 概日リズムといわれ、体内時計ともいわれています。だからこそ朝に目が覚めるようになり、夜になるとねむくなってしまうのです。
人間はこれだけではなくさらにホメオスターシスという昨日によってもコントロールされており、大脳が眠りにつかないように常にきちんとうごくように作動しているものですが、これがあることで一度起きて、15〜17時間たつまで、あまり眠くならなくなるようにできています。

まだまだ体内時計は不思議がいっぱいで未だに研究が繰り返されているのですが、一つ有名なのが一日は24時間なのですが体内時計は25時間になっています。そのため、時計などがない場合起きる時間や寝る時間がずれてしまうように人間は設定されているのです。これは未だになぜなのかわからないのですが、人間の神秘の一つなのではないでしょうか?

この体内時計をきちんと意識して毎日の生活を送る事で睡眠の質を高め、よりぐっすりとした睡眠wお行う事ができるようになるのです。

新着情報いろいろ

2012/11/09
質をたかめるためにを更新
2012/11/09
体内のしくみを更新
2012/11/09
高齢者の悩みを更新
2012/11/09
寝れてるかチェックを更新
2012/11/09
心をリラックスするを更新
2012/11/01
ホームページリニューアル